マスエフェクト – アンドロメダ:コンソールコマンド – すべての項目のリスト

マスエフェクトのPC版では:アンドロメダそのさまざまなコマンドを使用すると、フレームレートとして見てみましょう、またはHUDを非表示にするコンソールに入力することができます。このコンソールコマンドはありません詐欺作るのではなく、より便利なツールです。だから、あなたは何の不公平な利点を提供しますありませんでした。私たちはあなたのすべてのコンソールコマンドのリストとどのようにeingebt前にこれを示します。

ここでは、マスエフェクトのためにポイントすることができます:アンドロメダを購入します!*

攻略 で利用可能 マスエフェクト:アンドロメダ 、しかし、あなたはいつでもPC版では許可されていません コールデベロッパーコンソール 約特定のコマンドによって、 FPSの上限, クリーンなイメージを確認します。ロールプレイなど フロストバイトエンジン 類似したパターンのためのコンソールコマンドは、このエンジンを使用すなわちゲーム戦場1及びバトルフィールド4、として働い使用。

11952マスエフェクト - アンドロメダ:だから、すぐに百万のクレジットfarmt

スタートフォトギャラリー(8枚の写真)大きなプとして終了し、この誇大宣伝のゲーム

オープンコンソールタイプ便利なコマンド

のために マスエフェクト:アンドロメダ インクルード オープンコンソール あなたがゲームを持っている、と、 ^キー(バックスラッシュキー) プレスへ。これは 直接Tabキー上記. その後することができます コンソールコマンドを入力する(下のリストを参照してください) そして、入力経由 キーを入力してください コマンドをアクティブにするために確認してください。

マスエフェクト - アンドロメダ:ヒントがした私たちは、ゲーム開始前に知っていただきたいと思います

ほとんどの コンソールコマンド あなたは確かに使用することはできませんが、いくつかの有用な入力がいつ、例えば、素敵な存在します 迷惑なHUDなしでスクリーンショットを撮ります したいです。あなたは覚えているので、次のコンソールコマンドはあなたをshoulderstand:

  • PerfOverlay.DrawFps: 自分でゲームに永久FPS表示をブラインド。これは、異なるゲームの状況で秒あたりのフレームに基づいてパフォーマンスがどのように観察するために非常に便利です。
  • GameTime.MaxVariableFps: FPSが特定の値に限定することをお試しください。これは醜いに役立ちます 画面のティアリング 防ぐために。
  • UI.DrawEnable: コンソールコマンドを使用します ui.drawnenable0、 周りに マスエフェクトでHUD:アンドロメダを隠します. このがたかもしれません より良いスクリーンショット ユーザーインターフェースはあなたを気にせずにゲームで行います。とともに ui.drawnenable1 あなたはその後、HUD彼女を元に戻すことができます。
質量効果-アンドロメダスクリーンショット-無しHUDアンドロメダオフはるかに良い:迷惑なHUDなしでマスエフェクトでスクリーンショットを参照してください。

すべてのコンソールコマンドのリスト

私たちはあなたをリストの下 マスエフェクトのすべてのコンソールコマンド:アンドロメダ 上。そのため、選ぶことができます すべてのコンソールコマンドのリスト 彼女の最初でゲームで表示 詭謀 eingebt。

  • PerfOverlay.DrawFps
  • GameTime.MaxVariableFps
  • UI.DrawEnable
  • Window.Width
  • Window.Height
  • GameTime.MaxVariableFps
  • UI.DrawEnable
  • Window.PosX
  • Window.PosY
  • Render.FrameSynthesisScaleH
  • Render.FrameSynthesisScaleY
  • Render.VSyncFlashTestEnable
  • Render.OutputBrightnessTestEnable
  • Thread.JobThreadPriority
  • WorldRender.TransparencyShadowmapsEnable
  • WorldRender.MotionBlurEnabled
  • WorldRender.MotionBlurRadialBlurMax
  • WorldRender.MotionBlurQuality
  • WorldRender.MotionBlurMaxSampleCount
  • WorldRender.FrameSynthesisMode
  • WorldRender.FilmicEffectsEnable
  • Thread.ProcessorCount
  • Thread.MaxProcessorCount
  • Thread.MinFreeProcessorCount
  • WorldRender.EmitterSunTransmittanceMapEnabled
  • WorldRender.EmitterSunTransmittanceResolution
  • WorldRender.LightTileCombineOutdoorLightEnable
  • WorldRender.SpotLightShadowmapEnable
  • WorldRender.SpotLightShadowmapResolution
  • RenderDevice.VSyncEnable
  • RenderDevice.TripleBufferingEnable
  • RenderDevice.RenderAheadLimit
  • RenderDevice.StereoConvergenceScale
  • RenderDevice.StereoSeparationScale
  • RenderDevice.StereoSoldierZoomConvergenceScale
  • RenderDevice.DxDiagDriverDetectionEnable
  • RenderDevice.Dx11Dot1Enable
  • RenderDevice.Dx11Dot1RuntimeEnable
  • WorldRender.LightTileCsPathEnable
  • WorldRender.PlanarReflectionEnable
  • WorldRender.InterpupillaryDistance
  • PerfOverlay.Enable
  • PerfOverlay.DrawGpuGraph
  • PerfOverlay.DrawFrameGraph
  • PerfOverlay.DrawVblankGraph
  • PerfOverlay.DrawFps
  • PerfOverlay.DrawFpsMethod
  • PerfOverlay.DrawFcat
  • PerfOverlay.FcatWidth
  • PerfOverlay.DrawGraph
  • PerfOverlay.DrawGraphMethod
  • PerfOverlay.DrawCpuGraph
  • PerfOverlay.LegendDisplayFormat
  • PerfOverlay.FpsTimePeriod
  • PerfOverlay.FpsDisplayAlpha
  • PerfOverlay.FpsDisplayFormat
  • PerfOverlay.FpsDisplayScale
  • PerfOverlay.FpsDisplayOffsetX
  • PerfOverlay.FpsDisplayOffsetY
  • PerfOverlay.FrameFileLogEnable
  • NetworkPerfOverlay.Enable
  • PostProcess.ForceDofEnable
  • PostProcess.DofMethod
  • PostProcess.BlurMethod
  • PostProcess.SpriteDofEnable
  • PostProcess.SpriteDofHalfResolutionEnable
  • Screenshot.Render
  • Screenshot.Format
  • Screenshot.LayerMode
  • PostProcess.ScreenSpaceRaytraceFullresEnable
  • PostProcess.DynamicAOEnabled
  • PostProcess.DynamicAOMethod
  • Render.DrawScreenInfo
  • Render.ResolutionScale
  • PostProcess.ScreenSpaceRaytraceEnable
  • PostProcess.ScreenSpaceRaytraceDeferredResolveEnable
  • PostProcess.ScreenSpaceRaytraceSeparateCoverageEnable

あなたがやりました "マスエフェクト - アンドロメダ:コンソールコマンド - すべての項目のリスト" クリストファー・バーナーで落ちますか?コメントで私たちを書いたり記事を共有します。、そしてもちろんあなたは、Facebook上で私たちを好きでなければなりません - 私たちはあなたの意見をお待ちしておりますTwitterやGoogle+の。

14.11.2017

Posted In: ゲーム

map