クリアシステムボリューム情報:行く何かがあります!

すべてのWindows 7または8のインストールは、サイズが大きくなると成長しながらそのシステムボリューム情報と呼ばれるフォルダは、あなたがコンテンツ上で閉じて来ない。で、個々のドライブに送信します。だから、システムボリューム情報を削除することができます!

クリアシステムボリューム情報:行く何かがあります!

すべてのSystem Volume Informationフォルダを削除することは比較的簡単な方法があります。しかし、あなたが本当にするかどうかを事前に検討すべきです。マイクロソフトに.According、このディレクトリは実際として、すなわちです 非消去可能なシステムフォルダ とりわけ、リカバリポイントを保存する作成しました。それとは別に、フォルダがない本当に長いなくなっています。しばらくすると、Windowsが再びそれを置きます。

詳細をWindowsで復元ポイントを:

  • Windows 7の出荷時の設定に - でも、CDなし
  • Windows 8のシステムの復元:復元リフレッシュとリセット

システムボリューム情報は、右側の権限で削除します

このフォルダに取得するには、ユーザー権限を変更する必要があります。これは、その後に残るのフォルダ、のために、論理的に、永続的ですが。あなたがボリューム情報が、システム全体のディレクトリを削除したいので、その権利の設定を消えてしまいます。

フルこのフォルダに現在のユーザーのアクセス権を与えるための最も簡単な方法は、DOSコマンドを使用することです。 、ディスクチェックをCHKDSK例に関してので、古いオペレーティングシステムがシャットダウンされている多くのコマンドは、Windows 7およびWindows 8に含まれています。あなたが問題を解消するには、Windowsなしで起動するようにコンピュータを起動すると、コマンドラインモードでは、必要に応じて彼らは通常です。

下 “スタート –実行します”あなたは以前のように合成コマンドを使用することができます。

システム・ボリューム情報CACLSを削除昔ながらのDOSコマンドを使用して、我々は、システムボリューム情報を削除することができます

フォルダのフルアクセス権が受賞します

コマンド “ CACLS”フォルダへのユーザーのフルアクセスに適しています システムボリューム情報 得ました。対応するコマンドラインは、例えば、

CACLS "C:\システムボリューム情報" / E / G・マイヤー:F

ここでの説明は次のとおりです。

  • CACLS 実際のコマンドです。
  • “ C:\システムボリューム情報” (引用符で)フォルダの場所です。ここでは、その後、Cドライブ
  • パラメータ / E 指定は、ACL(アクセス制御リスト)が調整されました。
  • / Gのマイヤー:F 三つの部分のbesteht:
    • Gは、ユーザー権限を変更します。
    • マイヤーは、 この例では 現在の管理者としてログオンしているユーザーの名前。
    • そして、それは次の右後ろ:フォルダへのユーザーマイヤーのフルアクセスを与えるFを、。

コマンドのこのチェーンは、しかし、唯一の権限が変更されています。これは、まだ何も削除されます。

クリアシステムボリューム情報

最も簡単な方法は、今、次のコマンドを使って次のようになります。

RD / S / Q "C:\システムボリューム情報"
  • RD (ディレクトリをリメイク)フォルダを削除するためのコマンドです
  • / S すべてのファイルとサブフォルダを指定で削除されました
  • / Q 決定論これは静かにしてさらに需要がなければ行われなかった採掘
  • “ C:\システムボリューム情報” この場合、ドライブC上のフォルダの場所(引用符といつも一緒!)

別の方法としては、まず、コマンドラインに行くことができます システムボリューム情報 だから、Windowsエクスプローラで削除してください。

スタートフォトギャラリー(10枚の画像)どのマザーボード私が持っていますか?マザーボードを見つけます!

自動的にシステムボリューム情報を削除

あなたが永続的に保存されたすなわち上記の2つのコマンドを見ることができるので、クリーンなシステムで毎日起動したい場合。先端は、バッチファイルを持っています。 DOSの時代のためには、一連のコマンドのチェーンを開くには、プラスのコマンドを入力するためにそれを使用しました。そしてそれは今日も適しています。彼らは、メモ帳やWordで作成できるように、これらは、純粋なテキストファイルです。彼らはsiv.batまたはloeschen.batのような名前を持っています。これは、名前のコンポーネントに重要です BAT ドットの後。

実用的な部分では、合成ファイル内の様々なコマンド(ラインごと)の全てのシーケンスを書き込むことができなかったです。それはバッチファイルを呼び出すと、それらは連続しています。そして今度は、あなたが起動時に実行に等しいthattheyので、Windowsの起動中に入力することができます。

システム・ボリューム情報の削除 - 成功バッチファイルが正常にシステムボリューム情報を削除することもできます

システムには、例えば、Cドライブ上の開始ボリューム情報で:削除するとD.は、バッチファイルに次のことが必要です。

CACLS "C:\システムボリューム情報" / E / G・マイヤー:FCACLS "D:\システムボリューム情報" / E / G・マイヤー:FRD / S / Q "C:\システムボリューム情報"RD / S / Q "D:\システムボリューム情報"

独自のログイン名によって名前マイヤーを交換することを忘れないでください。すべてがうまくいけば、その後System Volume Informationフォルダが削除されているので、...制御が容易です。

14.11.2017

Posted In: ソフトウェア

map