Wordで行間隔を変更する – ソリューション

ワード線間隔が非常に迅速に変更することができます。 Word文書に彼が読むのに使用しました。いくつかの手順では、ワード線の間隔を変更することができ、例えば、1.5行に置きます。

このよう学業のようにいくつかの文書,:では、行間にも、ルールがあります。多くの場合、1.5倍の距離がここで必要とされ、ワー​​ド線自体に間隔たときと同じ標準を作ることをお勧めします。マウスを数回クリックするだけで、Wordで行間隔を変更することができます –ドキュメント全体または特定の段落のいずれかのために。

720527Microsoft Office Excel Wordのプロモ

Wordの変更の行間 –ここではどのように迅速です

あなたは、ワード線の間隔を変更したい場合は、この改正は、テキスト全体の現在選択されている部分にカーソルが置かれている段落に適用されます。 このように、完全にテキストを変更呼び出すために、あなたは完全にあなたを呼び出して、それを選択する必要があります。そして、すべてが簡単です。実際には、 ヒールマーク このステップでフォーマットされました。これは通常表示されていないと段落の書式設定すべての重要な含まれています。 , この段落の書式設定がダウンして継承されているので、このノートでは、そのために重要です。あなたは段落の終わりでEnterキーを押して、新しい段落を開いた場合、それは前の段落の書式をとり、と言います。

ワード線間隔セット選択したテキストまたは現在の段落に常に変化してワード線の間隔

まず、あなたは、あなたはどのようなテキストの一部と、それをあなたのハイライトを変更したい決定する必要があります。リボンメニューとWordのバージョンでは、上のクリック(上記参照) メニュー/セクション、段落を開始 ワード線間隔(画像マーカー1)のための迅速な設定、または高度な設定オプション(画像マーク2)のいずれか。クイックメニューでは、いくつかのデフォルトから選ぶことができます。高度な設定は、他の可能性を超えてあなたを与えます。

ワード線の間隔を設定します。 –ステップバイステップ

私たちは、あなたが既存のテキストの行間を変更したいんでした、次のように作業を進める前提に取り組んでいます:

  • これは、行間隔を変更する、テキストの部分または全体のテキストが選択されます。 すべてのテキストを選択するには、あなただけのCtrl + Aキーを押します.
  • 1の下で前のページの画像内のワード線間隔のための小さなアイコンを見られるように、メニューのトップです。これは、あなたがすぐに用意した値から新しいWordの行間を調整することができ、小さなサブメニューを表示、クリックされました。
  • それが十分でない場合は、このメニューをクリックしてください &オプションをリード。 #8220”.
  • これは、タブウィンドウが開きます “インデントと間隔”興味を持って。あなたは左のどちらに間隔部分の中央、下にあります ポイントで段落の前または後の距離、 調整することができます。あなたは正しいことができます ハーフラインステップでWordの変更行間隔.
  • OKで保存してやりました&8217; S!

高度なWordの行間隔の設定

グラフでは、メニューを使って、一度に複数の距離オプションを変更することができている見ることができます。通常は、前シングル間隔と、ここで各段落の後に6点の距離があります。一般 ワード線の間隔, として 簡単に1.5倍またはダブル あなたは、プルダウンメニューから選択することができます。そこにはあります 少なくとも、行間隔オプション、正確かつ複数. 距離の数値表示が行われなければならない、でも、マニュアルを超えたので、あなたのこれは、ありません。

  • 少なくともワード線の間隔 bedeutetは、DASS Wordは、設定された最小距離を使用しますが、大文字やグラフィックについての行に挿入されると、これは自動的にbestimmt。
  • ワード線間隔は正確に 基本的に反対ではありません。どんなにラインで何が起こるか、Wordが設定距離値を厳守します。
  • ワード間隔の複数 面白い、しかし複雑です。 単一の間隔から始めて、Wordがここ割合より長い距離を挿入します。 例については1.2手段は1.2倍のワード線の間隔が使用されました。だから、簡単な距離よりも大きく20%。図3は、3倍の距離を使用します。だから、通常の距離の300パーセントに増加します。この方法では、あなたが本当に確定鉱山は非常に正確に距離を設定することができます。

Microsoft Wordの詳細については

  • Word文書を復元

 

14.11.2017

Posted In: ソフトウェア

map