iTunesのエラー-54:だから、問題を修正します

iTunesのエラー-54彼らはiTunesライブラリと彼らのデバイスを同期したい場合にはiPhoneやiPodの一部の所有者に起こります。私たちは、トラブルが何であるかを説明し、あなたが問題を解決する方法

91232iTunesのチュートリアル

ALLNETフラットとdeinhandy.deでインターネット定額料金を含むiPhone 6無料!*

iTunesのエラー-54:問題は何ですか?

iTunesのエラー54を使用すると、iTunesの音楽ライブラリと彼のAppleデバイスを同期するときに主に発生するの失敗です。代わりに、成功した接続のエラーメッセージ不明なエラー-54に表示されます。

  • 原因は通常、アクセス権の問題です。
  • どれかフォルダの特定のiTunesライブラリ内のすべてのファイルはフルアクセスが装備されていません – iTunesはしたがって、適切なフォルダにアクセスすると、エラーメッセージを出力することはできません。
  • 、iTunesからコンテンツをダウンロードするときに時々エラーが発生したとしても –この場合には、それは一時的なエラーです。

次のセクションでは、エラーを修正する方法を示しています。ここで見つけることができます同様の問題の詳細については:これはiPhoneに接続してiTunesのエラーは、それが削除されている方法です。したがって、我々はあなたがあなたのiTunesライブラリにはSDカード上に外部委託することができます取得する方法を示しています。

アップルの音楽とのiTunes 12.2アップルの音楽とのiTunes 12.2スタートフォトギャラリー(17枚の画像)私たちの「テストラボ」でFiiO X1:ハイレゾオーディオとiPodのクラシック

iTunesのエラーを修正-54 –そうです&8217; S

エラーは、コンピュータを再起動するのに十分な、コンテンツのダウンロードに関連して発生した場合 –通常、いつものように、次回のすべてを動作します。同期に問題がある場合は、あなたがそうshoulderstand、コンピュータを再起動します –多くの場合、それが戻って次回来ます。エラーは、次の操作を行うことができ、持続します:

エラーダウンロード

  • iTunesが含まれて
  • パスミュージック/ iTunesの/ iTunesのメディア/ダウンロードにユーザーフォルダに移動します。
  • ここで失敗したダウンロードのフォルダを消去します。

同期エラー

  1. 、iTunesを起動し、タブファイルの左上をクリックします。
  2. サブメニューライブラリおよびオプション選択輸出ライブラリーに、[OK]をクリックします。
  3. 、デスクトップ上のファイルを保存し、iTunesを含み、その後、Cに移動:\ユーザーはIhrBenutzer \ミュージック\ iTunesのを\。
  4. ここではiTunesのミュージックライブラリのファイルを削除し、ちょうどデスクトップに保存してファイルを置き換えます。
  5. 再び、iTunesを起動し、ファイルを経由して(再度ファイルをインポート>メディアライブラリ)。

ITunes11_Icon

設定されたアクセス権

授乳問題がある場合、あなたは、iTunesのフォルダのアクセス権を確認する必要があります。そう行きます&8217; Windowsでの:

  1. フォルダCに移動します:\ユーザーはIhrBenutzer \音楽を\。
  2. マウスの右ボタンでのiTunesフォルダをクリックし、[プロパティ]を選択します。
  3. [セキュリティ]タブへの変更とは、(右下)[詳細]ボタンをクリックしてください。
  4. 彼女は今パーミッションメニューに直結します。権限を変更するには、ボタンの上にはこちらをクリックしてください。
  5. ユーザーアカウントをリストから選択します。
  6. あなたのアクセス許可がフルコントロールに設定されていたのを保証します –あなたはそれに応じて変更する場合ではありません。
  7. 最後に、子オブジェクト上のすべての権限は、このオブジェクトからの継承可能なアクセス許可を置き換えるコマンドの隣にチェックマーク静かです。

あなたは、iTunesのフォルダ内のすべてのサブフォルダが適切な権限を備えなければならなかったことを確認したいということ。もう一度、OKで確認 –彼らのその後iTunesが再起動します。だから、読んで、あなたは、iTunesのエラー-50で何をするか、あなたは、あなたは、iTunesのエラー第三千百九十四を解決できるよう

画像ソース:アップル

14.11.2017

Posted In: ソフトウェア

map