エクセル:正規分布と対数正規分布を計算し、グラフを作成する – ここに方法です

Excelでは、あなたが通常と対数正規分布が計算され、図でグラフィカルに表示することができます。我々はそれを行う方法をお見せして、あなたは必要なものの式。

注記: ビデオは、あなたはそれを見るためにYouTubeに直接見なければなりません。ウィンドウのリンクに表示された映像上にクリックしてください。

エクセル:正規分布を計算します

正規分布式の構文:

NORM.VERT =(X、平均値、標準偏差、累積[はい/いいえ])

正規分布のためには、第1の曲線の関数値を算出します。正規分布のためには、第1の曲線の関数値を算出します。

正規分布のグラフを作成するには、番号のテーブルが必要になります。

  1. Excelにドキュメントを開きます。
  2. セルE1「平均」及びセルF1、数50に書き込みます。
  3. セルE2「標準偏差」およびセルF2、数10に書き込みます。
  4. 細胞はA100を介してA1、例えば、今充填、0から100これらの数値は、xの値です。
  5. 右横に、我々は今、関数f(x)に対応する値を計算します。
  6. セルB1にクリックし、= NORM.VERT与える(B1を;、FALSE $ F $ 2; $ F $ 1)とENTERで確認を。
    注記: 注セルは、式F1とF2にドル記号によって固定されました。
  7. このように、あなたにfirstFunction値は、セルB1に表示されます。
  8. 自動的にセルB100に他の関数値を計算するために右下の小クロスのセルB1とダブルクリックを選択します。

正規分布のグラフを作成します。

  1. xの値をマークし、関連する機能は、100にテーブルのF(X)の値とメニューをクリック インサート 上の 推奨チャート。
  2. タブへの変更 すべてのチャート そして、選択 ポイント(X、Y) そして、ボタンの上 補間されたラインとポイント.
Excelは:あなたの正規分布のグラフを選択します。Excelは:あなたの正規分布のグラフを選択します。

ヒント:

  • あなたは平均値とセルF1またはF2の標準偏差を変更したい場合は、ダイアグラムとグラフィックがどのように変化するかを見ることができます。
  • あなたは数式でTRUE、FALSE値の代わりに使用しないとき、あなたは示すベル曲線が、(付加価値付き)累積カーブを取得することはできません。

エクセル:対数正規分布を計算し、グラフを作成します

Lognormalverteilungs式の構文:

LOGNORM.VERT =(X、平均値、標準偏差、累積[はい/いいえ])

Excelで対数正規分布。Excelで対数正規分布。
  1. 正規分布のために上述したように、関連するグラフと対数正規分布(対数正規分布)を作成することが進みます。
  2. 代わりに、それは私たちの上の例でアコーダンスにおける関数値を計算するための次の式を使用しています。

= LOGNORM.VERT(B1; $ F $ 1; $ F $ 2、FALSE)

14.11.2017

Posted In: ソフトウェア

map