OpenOfficeのハイフネーションは、なぜそれらを使用するには:どのようにするには

ハイフネーション規則は、私たちは学校で痛いほど学んできました。今日のプログラムでも数秒で非常に長い文章を完璧にそれを行います。 OpenOfficeのは、ダウンロードすると配信では、この機能はまだアクティブ化されていません。ほとんどのユーザーの日常生活では、それは問題ではありません。何かがもう少し専門的にする場合でも、テキストはおそらくブロックセットに設定され、その後、時間がOpenOfficeのハイフネーションを使用するようになってきました。

ワードプロセッサにおいて最も一般的に使用されるフォーマットは、正当別個の音節ずに残されるshoulderstand。そして、基本的にそれは次を書く人間になるため、だけでなく、読むことが最も快適である、フォーマットの種類、です。しかし、あなたが見て印刷された本や新聞が異なるルールを適用することがあるようです。こうした論文など:だからそれは出版物に適用されます。ここでは、常に実際に会います 揃えのテキストの配置.

最大の問題の一つは、特に大きなフォントの愛は正当で発生したのが、テキストは単語の間、時には非常に大きいスペースで働く穴だらけです。

以前はOpenOfficeのハイフネーション正当に、テキストの別個の音節ことなく孔の完全ようで、引き離さ

ハイフネーションが可能なように適切に言葉を調整して、行に配布するタスクを持っています。彼女はドイツ語のルールを使用して、私たちは、ステップバイステップの結果を確認するために別途に提供しています。

OpenOfficeのハイフネーションアクションでオープンオフィスのハイフネーション。しかし、彼らは、したがって、単独で一度に行うことができます

あり 二つの手順, ハイフネーションを使用しています。ほとんどの場合、 “手動による方法”使用。どちらかのすべてのテキストは、カーソル位置から経由で実行されます –または選択したテキストだけ..あなたは、メインメニューで選択したいずれかの方法 “エクストラ&#8221 ;.その後、メニュー項目 “保存”そしてそこ &ハイフネーション; #8220&#8221 ;.

手術は分離され、私たちの意図した分離点を示したことでした最初の言葉で始まります。今、私たちは確認するか、正しいことができます。また、そこでできました “すべて外してください”確認は、ハイフネーションが全体のテキストによるさらなる制御なしで突入しました。

背後OpenOfficeのハイフネーションOpenOfficeのハイフネーション後に同じテキスト。すべてはより密度の高い、より調和のとれたです。

ザ・ ハイフネーションの第二の方法 自動移行はバックグラウンドで常に、自動的に仕事ですでに行われるようにする場合に使用されます。これは、例えば、段落スタイルで発生し、メニュー &フォーマット; #8220 –段落&#8221 ;.エリア内 &TextFlowです。 #8220” OpenOfficeのは、ハイフネーションを扱うshoulderstandとして設定されました。だから、特別な設定が可能です。

14.11.2017

Posted In: ソフトウェア

map